« 紫の袋とタッセル | トップページ | デミタスカップ »

2011年4月 9日 (土)

綿棒のケース

123 絵付けは焼成するまでは何度でも描き直すことが出来ます。

竹串で削ったり、綿棒で拭いたり色々“お直し”しているんですョ。

綿棒のプラスチックケースそのまま入れられる箱をポップな布で作ってみました。レッスンの時にもプラスチックケースよりもいいでしょ?

後ろの額はリネンのコサージュを作って付けてみました。ちょっと今回、糊付けの糊が少なかったのか花びらの型がつきにくかった~!

今度結婚式に出席するので、何かコサージュが上手く作りたいな~と思っています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へwink

|

« 紫の袋とタッセル | トップページ | デミタスカップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115840/51341637

この記事へのトラックバック一覧です: 綿棒のケース:

« 紫の袋とタッセル | トップページ | デミタスカップ »